chromeのsession cookie

ブラウザを落としたら、cookieが消える。
そういうcookieの命というか、終了期限というかexpiresはsessionとされるが、
基本的にはexpiresを明示的に設定しなければ、全部expiresがsessionのcookieとなる。

で、IEやらFireFoxでやってみると、cookieをセットしてブラウザ落としたら
ちゃんと削除されてる。(IEなんかは、これはsessionしか生きられないcookieだから、
ってんで、ファイルとしてcookieを残すことすらしない)。

でもって、chromeで検証してたらあら不思議。
ブラウザを落とせど落とせども、sessionのcookieは消えない。

なんだなんだ、とはまっていたら、設定がだめだったようだ。
検証に使用していたChromeでは、ブラウザを起動した際に、中断した箇所から
続けるという設定をしていたのだが、この設定によってsessionという概念は
なくなっており、expires=sessionのcookieは削除されずにすんでいたわけだ。

ただし、
設定] > [詳細設定を表示] > [コンテンツの設定] > [ブラウザを終了するまでローカル データを保存する]
にチェックすると、中断した箇所から続けてもsessionのcookieは消えましたとさ。

めでたし、めでたし